心と体

シルバメソッドのためになる言葉とは?

前回はエミール・クーエのよくなる言葉をご紹介しました。

ホセ・シルバ(創始者)は、この言葉の他にも、

私たちのマインドにとって有益な言葉としての文が加わります。

続けて書くと、こんな感じです。

1.「私は、心の機能を強化し、人類の向上に貢献します。」

2.「私は日毎にあらゆる点でよくなっていきます。

   どんどんよくなっていきます。」・・・クーエの言葉応用

3.「私は、肯定的に考えることによって、私の望む便宜と

  恩恵を得ることができます。」

解説

1については、内的環境を創造することによって、

いづれは外的世界にも良い方向へ、変化を及ぼすことが

可能になるということを表しています。

いわば、内的環境を創造する者としての共通目的と言えるでしょう。

2は、前回お伝えしたクーエの言葉が元になっています。

皆さんなら、

「私は、よい!」という断言と、

「私は、よくなっていく、どんどんよくなっていく」という進行形とでは

どちらが受け入れやすいでしょうか?

ご自身でつぶやいてみてください。

3は、肯定的に・・・というところがポイントです。

積極的に・・・とは言っていませんね。

シルバ・メソッドでは、コンディショニングサイクルという

独自のメンタルトレーニングで、これらの言葉を

誰もがセルフプログラムできるように学んでいくのです。

もちろん通常のアファメーションとしても、

よい言葉だと思いますので、ぜひご活用ください!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エミール・クーエとシルバメソッド

このブログに興味を持っていただいているみなさんなら

おそらく、エミール・クーエの名前くらいは聞いたことが

あるかもしれません。

ご存じでない方のために簡単にご紹介しておきましょう。

エミール・クーエ(1857~1926)は、フランスの薬剤師でした。

薬局を経営するなかで、彼はひとつの重要な発見をします。

それは、薬を渡すときに、丁寧に説明し、その効能をたたえた場合と

何も言わずに手渡す場合とでは、薬の効能が著しく違うということ。

これは、暗示による想像作用が薬の効能を高めたのですね。

このことをきっかけにクーエは暗示と想像力の研究を行います。

暗示といえば?・・・そう、催眠、、、ですね。

しかし、催眠をかけれない場合や覚醒後に暗示効果が

薄れてしまうといったことから、覚醒中に行う「意識的自己暗示」に

その方法を切替えました。

詳しくは別の機会にゆずりますが、その方法の核となるのが、

あの言葉・・・です。

「私は毎日あらゆる面でますますよくなっている」

この決まり文句を毎朝起床後と毎晩就寝前に

連続的に20回以上唱えるというもの。

クーエはこの言葉に誰にも必要なものすべてが

含まれていると説いています。

「潜在意識はすべてを心得ているので細かい指示を要しない」

がその理由です。

この方法を取り入れたクーエのパリ東部の無料クリニックでは、

他の病院の約5倍という驚異的な治癒率を達成したそうです。

このことをシルバメソッド的に解説するならば、

「脳波が自然にアルファレベルに近い状態(毎朝起床後・毎晩就寝前)

の時、肯定的な言葉で建設的かつ創造的にプログラミングする」

ということになります。

シルバメソッドでは、この言葉を私たちにとってのためになる言葉ととらえ、

能動的にアルファレベルに入った状態でセルフプログラミングできるよう学びます。

アルファレベル=潜在意識レベルで行いますから、よりパワフルに

プログラムできるというわけですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルバメソッド オススメ本(その2)

シルバメソッド オススメ本(その2)です。

MC303でお伝えする、バイオコミュニケーションについて

詳しく載っています。

興味のある人はぜひ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルバメソッド、オススメ本(その1)

受講しようかどうしようか迷っている方は、ぜひ読んでください。

第一回目はコレ。

私自身が、シルバメソッドを知るきっかけとなった本です。

HPにも書いていますが、受講せずとも、この本の通りやればできます!

ただし、かなりのモチベーションと根気は必要かもしれませんが・・・。

どちらにせよ、参考になることは間違いないので

読まれて損無しの一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三本指のテクニックの勘違い

シルバメソッドに対して少し知識のある方に

私の経験上、よくある勘違いがあります。

それは、

「3本の指を合わせるとアルファレベルに入れるのだ」

と思っているということ。

これは、正解であって正解ではありません。

3本指でアルファレベル(以下レベルという)に入れるようになるためには、

まず所定の方法でレベルに入れるようになることが必要なのです。

そういった視点から3本指のテクニックを解説すると、

3本の指を合わせるとレベルに入れるというよりは、

3本の指を合わすことによって、レベルを呼び起こすと言った方が

適当かもしれません。

シルバのメンタルトレーニングにより、ほとんどの人が、

レベルに入れるようになります。

その上で、3本の指を合わせるとレベルに入るよう条件付けを

するわけです。

そうなるとしめたもの・・・(笑)

日常のいろんなシーンでアルファレベルを

より活用できるようになれるのです。

シルバメソッドの数あるテクニックの中でも、

人気のテクニック、それが3本指のテクニックなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中村天風とシルバメソッド

先日、「実践 中村天風 困ったことは起こらない!」を

音声化したCDを聴きました。

“天風哲学”を実生活に取り入れる実践のための各論です。

特に、「自己暗示」+「瞑想」について、

シルバメソッドとの共通項で溢れていたのには驚きました。

どちらから入るにせよ、一方を知っていると、より理解が深まります。

その教えに確信が入ると言ってもよいでしょう!

そういう意味で、これからシルバメソッドを学んでみようという方には、

このCD、かなりおすすめです!よかったら聴いてみてください。

卒業生の皆さんにもオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタチ

シルバメソッドには様々なテクニックがある。

そのどれもがアルファレベルを活用したセルフマインドコントロールなのだが、

シルバメソッドでは、テクニックを学ぶ際、カタチを重視する。

ただし、そのカタチ自体の意味合いというよりは、カタチを付けることによって、

テクニックへの確信が入ることを目的としているのである。

「こうやれば、こういう効果が出ます。」

そのこうやればの部分、それがカタチだ。

内的意識(潜在意識)は、あらゆることに応用がきく反面、

どうやって活用するのかが漠然としていて分かりにくいという面もある。

そこに、決まったカタチを入れてやることによって、誰でもがその能力を

同じように発揮できるようになるというメリットが生まれるのだ。

このカタチこそ、ホセ・シルバが22年の歳月をかけて研究した成果のひとつ。

「いきいきとクリアにイメージすれば、それは現実のものとなる。」

様々な成功者が同じ意味のことを発言していることからも

おそらくそれは間違いのない事実と考えてよいだろう。

しかし、なるほどそうか!と気づいても、それが結構難しかったりしないだろうか?

シルバメソッドはそこにカタチがある。

カタチがあれば、まずはその通りにやればいいわけだから

これで大丈夫なのか?という疑念の余地が入らずにすむのだ。

しかも、そのカタチはそれぞれに非常にシンプルであり、

特別な能力が要求されるものではない。

であるならば、このカタチを手に入れておいて損はない。

また、それに必要な時間はたった32時間なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

助言者

MC303ESP(コース3日目)では、自分のマインドに作業室を創りあげる。

そしてそこには自分だけの助言者が存在するのだ。

困ったとき、迷ったとき、シルバメソッド卒業生はこの助言者を使う。

そう、この助言者が機能しはじめると、様々な相談に乗ってくれる。

解決のヒントをくれたり、行動の指針を示してくれたりもする。

いきなりこの文を読まれた人は、「何をバカな」と思われるかも知れない。

ある意味それは当然のことである。それが、枠(フレーム)だ。

しかし、MC101CR(コース1日目)、MC202GSI(コース2日目)を

経ることによって自身の新たな可能性に気づくとき、

この助言者は、自分の力に必ずなってくれるのだ。

助言者は、ホセが編み出したテクニックの中でも非常に有益なものなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

念ずれば花ひらく

【R=VD】

この公式をご存じだろうか?

Realizaton(かなう)=Vivid(生き生きと)×Dream(夢見れば)

「な~んだ、また例のやつか。」などと片付けてしまわないで欲しい。

多くの成功者たちが実践してきた公式だ。

真実はシンプルなのかもしれない。シンプルゆえにもてあますこともある。

ホセ・シルバ自身がこの公式を著したわけではないが、

ホセの方法、そうシルバメソッドには、この公式の解法がちゃんと入っている。

それは、MC202のマインドの鏡というテクニックで習得することができるのだ。

Better & Better

HIDEKI ITO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

心と体