3本指のテクニックⅡ

3本指のテクニックをもう少し詳しくお話ししたいと思います。

これはシルバメソッドの中でも人気のあるテクニックです。

なぜか?

3本指で、瞬間的にアルファレベルに入ることができるからなんですね。

短期的願望実現のテクニックといってよいかもしれません。

例えば、結婚式のスピーチであがらないようにしたり、

あるいは、試験会場に入った時、緊張を取り除き、

集中力を高めるといったときなどにも効果を発揮します。

卒業生の様々な成功事例をあげればキリがありませんが、

得意先の苦手な社長との商談に臨まなければならなくなった

営業部長(シルバの卒業生)が3本指のおかげで、穏やかに

スムーズな商談を進めることができたという事例や、

このテクニックを習得したある医学生は、勉強を始める時間に

まず通常の方法でアルファレベルに入り、次のようにマインドに

プログラムを行いました。

「これから○○の勉強をします。~中略~ 勉強した内容については

3本指のテクニックを使うことで、いつでも思い出す事が出来ます。」

こうすることで勉強の能率があがり、細かい数値まで思い出せるように

なったというような事例もあります。

3本指のテクニックは、4日間あるコースの最初の2日間でマスターするので

残りの2日間までの間にいろいろと日常で実験してみるわけです。

そんな中で、もっとも簡単で効果がはっきり分かるこんな実験があります。

通勤ラッシュの時に座席を確保するのは容易ではありませんね。

駅のホームで電車を待つときに、3本指のテクニックを使ってみるのです。

外資系に勤める40歳のある女性がコース2日目を終えたところで、

早速この実験をしたところ、なんと月曜から金曜まで往復とも電車の

座席に座れたそうです。ちなみにその女性はそれまで通勤電車で

座席に座れたことは1度もなかったので大変驚いたということです。

私の事例でいえば、田舎なので通勤ラッシュの実験ができません。(笑)

そこで、近くのコンビニの駐車場を使った実験を行いました。

あのコンビニの駐車場のあの位置に車を止めることができる。

(駐車位置はあえてお店に一番近い競争率の高い?場所に設定してみました。)

3本指でマインドにセットして、出かけました。

するとその位置には、すでに車が止まっているではありませんか。

「残念・・・」と思ったその瞬間、なんとその車はバックして出て行ったのです。

まぁ、こういった実験は現象的には、だからどうだということでもないのですが、

テクニックの効果を知る上においては非常に意味のあることなんですね。

なぜならば、その成功によって、3本指のテクニックは使えるんだという

確信が入るからです。この確信によって、より有意義な事への応用が

可能になっていくということです。

シルバメソッドではこの【確信】は、成功への3要素の一つと位置づけられています。

友人で私の卒業生でもある気功整体の院長(大阪気功院)などは、

オリジナル施術法として、この3本指のテクニックを上手に取り入れ、

効果をあげられているということです。

さて、そんな「3本指のテクニック」は何をやっているのか簡単にいうと、

3本の指をあわせることで、マインドがいま最良の状態にセットされたと

脳に信号を送るということなんですね。

このことにより、脳はその信号に応えて内的活動を開始して、

記憶がよみがえったり、今聞いている講義をしっかりと覚え込んだり、

素晴らしい英知が湧き出てきたりするということです。

では、どのようにしてこのテクニックをマスターするのかということになりますが、

最大の前提として、アルファレベルを体得する必要があるのです。

そのための最短コースは、やはりシルバメソッドの公認コースなんですね。

私もコースを受講する前は、書籍をたよりにやってみましたが、

アルファレベルの体得に確信が入らず、コースを受講することによって、

ある意味、簡単にそれができました。「あ~、これだったんだ」と。

その他のテクニックも同じですが、一度マスターしてしまえば一生ものです。

だれに奪われるものでもありません。

もちろん、日常で活用し、楽しみながら精度をあげていく必要はありますが。

知り合いにシルバの卒業生がいるかたは、ぜひお話しをきいてみてください。

興味があればぜひコースに参加されることをおすすめします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実践!シルバメソッド ミッション1

ミッション1  あす朝、6時24分に目を覚せ!

使用するシルバメソッドテクニックはこれだ。

SMCテクニックNo.5 目覚めのコントロール

まずは、初めての人のために簡単にこのテクニックを紹介しよう。

潜在意識を活用し、目覚まし時計を使わずに決まった時間に

目を覚ますという初歩的テクニックである。

一見、大したことのないテクニックだと思われるかもしれないが、

潜在意識にインプットした時間通りに目覚めることにより、

その存在を確信、実感できるという大きなメリットがある。

そして、何より、このテクニックを使って目覚めると、

非常にスッキリとした目覚めが味わえるのである。

その理論は、本コースに譲るとしよう。

トレーニングを受けた卒業生には、難しくないはずだ。

もし忘れたのなら、テキストP38を復習すればよい。

それでは、ミッション1を実践してくれたまえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実践!シルバメソッド ミッション2

夢のコントロール

フロイトは、夢を潜在意識への王道とみなし、夢の内容によって、

潜在的に抑圧されている部分を解明しようという、いわゆる夢の分析法を確立しました。

しかし、シルバメソッドでは、フロイトの理論や夢判断の知識によることなく、

その夢が自分にとって何を意味するかを主観的に判断することを重要視します。

そして、最終的にその夢から、問題解決の方法やアイディア発想を

生み出していくテクニックが夢のコントロールというわけです。

さて、そこで今回のミッションです。

夢のコントロールを自在に操るには、当たり前ですが、

まずは、見た夢を覚えていなければなりません。

その方法は基礎コースでお伝えしたとおりなのですが、大丈夫ですか?

そう、3から1の方法で、アルファレベルに入ります。

そして、マインドに夢を思い出すプログラムをするんでしたよね。

そうすると、夜中、あるいは朝、鮮やかな記憶をもって目が覚めます。

その夢をメモ用紙に書き留める。※テキスト参照 P43

まずは、ここまでを、そうですね、二晩やってみましょう。

そして、どんな夢を見たか報告してください。

では、ミッション2にとりかかるべし。φ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルバメソッド、駆け込み寺!

ご無沙汰しております。

伊藤です!

昨日は、岐阜から3時間かけて、三重までシルバメソッドを受講しに

来ていただきました。今日もまた遠いところをお見えになります。

自営をされている方なので、受講したくてもなかなかタイミングが

合わなかったりするんですね。

まぁ、私としてはそういった方のお役に立ちたいということも含めて、

リクエストセミナーもお受けしているわけですが、

今のところ関西・東海エリアで3名以上という条件をつけています。

考えてみれば、個人の都合にあわせて他2名を集めるというのも

簡単ではないのかもしれません。

そこで、現在考えているのは、シルバメソッドに興味があり

受講してみたいけどいろいろ都合があって受講できない、

という方の希望に何とかお応えできないだろうか?ということです。

たとえ1名であっても、その方の都合に合わせ、そこにお伺いし

シルバメソッドをお伝えするという方向です。

交通費、宿泊費というコストの問題はあるのですが、よく考えてみれば、

自分が受講しにいく場合でもそれは当然のごとくかかってくるわけですから、

応分をご負担いただいてもコスト的に同じですよね。

そんなわけで、このブログを読んで、それなら受講してみたいと思われる方が

おられましたら、遠慮無くご一報いただければと思います。

シルバメソッドをお伝えしながら全国を巡るのも修行でありロマンです。

遠くから受講にお越しいただいて、ふとそんな使命みたいなことを

考えた次第です。

よかったら、ご相談ください!(メールでのご相談はこちら )φ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中村天風とシルバメソッド

先日、「実践 中村天風 困ったことは起こらない!」を

音声化したCDを聴きました。

“天風哲学”を実生活に取り入れる実践のための各論です。

特に、「自己暗示」+「瞑想」について、

シルバメソッドとの共通項で溢れていたのには驚きました。

どちらから入るにせよ、一方を知っていると、より理解が深まります。

その教えに確信が入ると言ってもよいでしょう!

そういう意味で、これからシルバメソッドを学んでみようという方には、

このCD、かなりおすすめです!よかったら聴いてみてください。

卒業生の皆さんにもオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三本指のテクニックの勘違い

シルバメソッドに対して少し知識のある方に

私の経験上、よくある勘違いがあります。

それは、

「3本の指を合わせるとアルファレベルに入れるのだ」

と思っているということ。

これは、正解であって正解ではありません。

3本指でアルファレベル(以下レベルという)に入れるようになるためには、

まず所定の方法でレベルに入れるようになることが必要なのです。

そういった視点から3本指のテクニックを解説すると、

3本の指を合わせるとレベルに入れるというよりは、

3本の指を合わすことによって、レベルを呼び起こすと言った方が

適当かもしれません。

シルバのメンタルトレーニングにより、ほとんどの人が、

レベルに入れるようになります。

その上で、3本の指を合わせるとレベルに入るよう条件付けを

するわけです。

そうなるとしめたもの・・・(笑)

日常のいろんなシーンでアルファレベルを

より活用できるようになれるのです。

シルバメソッドの数あるテクニックの中でも、

人気のテクニック、それが3本指のテクニックなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルバメソッド、オススメ本(その1)

受講しようかどうしようか迷っている方は、ぜひ読んでください。

第一回目はコレ。

私自身が、シルバメソッドを知るきっかけとなった本です。

HPにも書いていますが、受講せずとも、この本の通りやればできます!

ただし、かなりのモチベーションと根気は必要かもしれませんが・・・。

どちらにせよ、参考になることは間違いないので

読まれて損無しの一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルバメソッド オススメ本(その2)

シルバメソッド オススメ本(その2)です。

MC303でお伝えする、バイオコミュニケーションについて

詳しく載っています。

興味のある人はぜひ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エミール・クーエとシルバメソッド

このブログに興味を持っていただいているみなさんなら

おそらく、エミール・クーエの名前くらいは聞いたことが

あるかもしれません。

ご存じでない方のために簡単にご紹介しておきましょう。

エミール・クーエ(1857~1926)は、フランスの薬剤師でした。

薬局を経営するなかで、彼はひとつの重要な発見をします。

それは、薬を渡すときに、丁寧に説明し、その効能をたたえた場合と

何も言わずに手渡す場合とでは、薬の効能が著しく違うということ。

これは、暗示による想像作用が薬の効能を高めたのですね。

このことをきっかけにクーエは暗示と想像力の研究を行います。

暗示といえば?・・・そう、催眠、、、ですね。

しかし、催眠をかけれない場合や覚醒後に暗示効果が

薄れてしまうといったことから、覚醒中に行う「意識的自己暗示」に

その方法を切替えました。

詳しくは別の機会にゆずりますが、その方法の核となるのが、

あの言葉・・・です。

「私は毎日あらゆる面でますますよくなっている」

この決まり文句を毎朝起床後と毎晩就寝前に

連続的に20回以上唱えるというもの。

クーエはこの言葉に誰にも必要なものすべてが

含まれていると説いています。

「潜在意識はすべてを心得ているので細かい指示を要しない」

がその理由です。

この方法を取り入れたクーエのパリ東部の無料クリニックでは、

他の病院の約5倍という驚異的な治癒率を達成したそうです。

このことをシルバメソッド的に解説するならば、

「脳波が自然にアルファレベルに近い状態(毎朝起床後・毎晩就寝前)

の時、肯定的な言葉で建設的かつ創造的にプログラミングする」

ということになります。

シルバメソッドでは、この言葉を私たちにとってのためになる言葉ととらえ、

能動的にアルファレベルに入った状態でセルフプログラミングできるよう学びます。

アルファレベル=潜在意識レベルで行いますから、よりパワフルに

プログラムできるというわけですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルバメソッドのためになる言葉とは?

前回はエミール・クーエのよくなる言葉をご紹介しました。

ホセ・シルバ(創始者)は、この言葉の他にも、

私たちのマインドにとって有益な言葉としての文が加わります。

続けて書くと、こんな感じです。

1.「私は、心の機能を強化し、人類の向上に貢献します。」

2.「私は日毎にあらゆる点でよくなっていきます。

   どんどんよくなっていきます。」・・・クーエの言葉応用

3.「私は、肯定的に考えることによって、私の望む便宜と

  恩恵を得ることができます。」

解説

1については、内的環境を創造することによって、

いづれは外的世界にも良い方向へ、変化を及ぼすことが

可能になるということを表しています。

いわば、内的環境を創造する者としての共通目的と言えるでしょう。

2は、前回お伝えしたクーエの言葉が元になっています。

皆さんなら、

「私は、よい!」という断言と、

「私は、よくなっていく、どんどんよくなっていく」という進行形とでは

どちらが受け入れやすいでしょうか?

ご自身でつぶやいてみてください。

3は、肯定的に・・・というところがポイントです。

積極的に・・・とは言っていませんね。

シルバ・メソッドでは、コンディショニングサイクルという

独自のメンタルトレーニングで、これらの言葉を

誰もがセルフプログラムできるように学んでいくのです。

もちろん通常のアファメーションとしても、

よい言葉だと思いますので、ぜひご活用ください!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«エミール・クーエとシルバメソッド